採卵日当日

不妊治療体験談

前回の記事はこちら

いよいよ採卵日当日です。

スポンサーリンク

朝早く

この日は土曜日だったんですが、朝7時40分にクリニックに来るように言われていました。

こんな朝早くからスタッフさんも大変だなぁなんて思いながら笑

私は麻酔をするので自分で運転して帰ることは出来ない為、旦那に送り迎えをしてもらいました。

まず人工授精の時と同じように家で旦那には採精してもらい、それを持ってクリニックへ。
ちなみにこの時の量はそんなに少なくなかったと思います。
プレッシャーから解放されたからでしょうか(-_-;)

受付で採精カップを提出して、私はART控え室へ案内されます。
もちろんこの部屋にはこの日初めて入りました。

病院らしからぬラグジュアリーな空間

看護師さんに部屋を案内されるんですが、まず入り口に飲み物が自由に飲めるスペースがあって、飲み物も飲み放題。軽いお菓子まで置いてありました。

そしてその奥に10個くらいベッドが並んでいました。
カーテンが閉められているので他の患者さんの姿は見えませんでしたが、他にも何人か患者さんはいるようでしたね。

私もベッドに案内されて着替えや麻酔のことなど説明され、着替えて待っていてくださいと言われました。

言われた通り用意されていた術衣に着替え、ベッドに横になっていました。
ちなみにこの時パンツは脱ぐように言われていたので下はすっぽんぽんです笑

採卵終わったらあのジュースとお菓子もらおっと~♪

なんて呑気に考えていました笑

私が想像していたよりかなりラグジュアリーな空間で、緊張はしていましたが心地いい空間で少し安心しました。

麻酔しても痛かったらどうしよう・・・

そして看護師さんが来て点滴を始めました。
この点滴が麻酔だったのか、イマイチ良く覚えていなくて・・・・すみません(-_-;)
抗生剤って言っていた気もします。

そしてそのまま順番がくるのをベッドで待っていました。
2,30分くらい待っていた気がします・・・・
ちょっとうとうとしちゃいましたね。

そしていよいよ私の順番が!!

部屋の奥の扉から手術室のような部屋へ移動します。

そこで内診台のような手術台?に乗りいろいろモニターをつけられます。

麻酔はするけどそれでも痛かったらどうしよう・・・

そんな不安もありましたが、口に酸素マスクのようなものをつけられたと思ったら、ふっと意識がなくなり眠りにつきました・・・・

麻酔して正解!寝てる間に採卵終了

目が覚めると元のベッドに寝ていました。

まだかなり頭がぼーっとしていてかなり眠い状態。

あれ?もしかして採卵もう終わったの・・・?

そんなことを思いながらまた眠りに・・・・

また目が覚めた時には看護師さんが血圧を測ってました。

看護師さん
看護師さん

ご気分いかがですか?
気持ち悪くないですか?

はるちょん
はるちょん

大丈夫です・・・・

看護師さん
看護師さん

もう少しゆっくりしててくださいね~

気分悪いとかは全くなく、ただただ眠くてまた目を瞑り浅い眠りに・・・・

そっか、寝てる間に終わったんだ・・・・
よかった~・・・・

局所麻酔でするもんだとばかり思っていたので、結構拍子抜けでした(‘_’)
静脈麻酔というやつだったみたいです。
説明されてたのに私が覚えていなかったのか、説明されてなかったのかは定かではありません笑

でも結果オーライ!
全く痛みを感じることなく採卵できるなんてやっぱり麻酔サマサマだわ・・・・

そんなことを考えながら眠気がだんだん引いていくのを待っていました。

さて・・・卵は何コ採れたのかな・・・・・?

問題はここですよね・・・!!

続きます。

次の話はこちら



私が愛用中のマスク。
口とマスクの間に空間ができて息苦しくない!
いろいろ試したけどこれが一番!
以下広告↓


ここまで広告↑

コメント

タイトルとURLをコピーしました