男性不妊改善の為にできること

不妊治療体験談

前回の記事はこちら

二回目の人工授精。
採れた精液の量が少なく、心配そうな旦那でしたが少数精鋭でしょ!と言い聞かせていざ病院へ。

少ないけどやってみよう

前回同様まず受付で精液を提出し、一時間ほど待ちます。

名前を呼ばれて診察室へ。
内診の前に先生と話す形でした。

先生
先生

ご主人の精液、今回ちょっと量が少ないですね。
こぼしちゃったんでしょうか?

はるちょん
はるちょん

いえ、そういうわけではないみたいなんですが・・。
少ないとダメですか?

先生
先生

う~ん・・・ちょっと難しいかもしれませんが、やってみましょうか。

先生の様子から見るに、本来人工授精に必要な量には足りていなかったようですが、一応やってみよう、という感じでした。

それでもやってみなきゃ可能性は0だしね!

と言い聞かせ、無事2回目の人工授精が終了しました。

運動率も良くない・・・?

この時先生にもう一つ言われたのが、

運動率と直進率もあまり良くない

ということでした。

前クリニックで行っていた精液検査では特に問題なかったんですが・・・

今まで不妊の原因があるのは私だけだと思っていたのに、まさかの旦那な方にも問題が出てきました。
でも正直自分にだけ問題があるより、二人共何かしらの問題があって、二人でそれを改善していくって方が私は気が楽になりました。

旦那の体質改善の為にしたこと

先生に精液の数値があまりよくないと言われ、私なりにいろいろ調べて出来る事をしていきました。

この頃旦那は今の仕事をしながら転職に向けた勉強もするという、かなりハードな生活をしていたので、睡眠不足やストレスは確実に原因の一つだったのかなぁと思います。

私が旦那に提案した方法は次の4つです

下着をボクサータイプからトランクスタイプに変える

締め付けるというのがあまり良くないとのことだったので、下着を締め付けの少ないトランクスタイプに変えてもらいました。

特にこだわりがあったわけではないようで、わりとすんなり変えてくれました。

亜鉛のサプリを飲む

男性は亜鉛女性は葉酸というのが不妊治療している夫婦の鉄板ですよね。

なぜ男性には亜鉛かというと

亜鉛は特に前立腺や精巣に高濃度に含まれており、亜鉛が欠乏すると精巣に影響を及ぼす。

ということらしいです。

普段の食事だけで毎日必要量を摂取するのは難しいので、手っ取り早くサプリの飲んでもらいました。

そういえば、病院から漢方薬も出してもらってそれも飲んでいましたね。
(これは亜鉛とは関係ないと思いますが)

お風呂はぬるめ&短めで

温めすぎるのもの良くないと聞いて、もともとあまり湯舟は溜めていませんでしたが、お湯を溜める時もぬるめにしてあまり長湯しないように気を付けてもらいました。

人工授精前にリポビタンDスーパーを飲む

これは医学的根拠があるわけではないんですが、職場の同僚Kさんに勧められてやってみた方法です。

人工授精の前日にリポDスーパーを飲むようにしてもらいました。

ただのリポDじゃなくスーパーというのがポイントだそうです笑

正直これが効果があったかはよく分かりませんが・・・・
藁にもすがる思いってやつですよね”(-“”-)”

私の旦那は私の提案をすべてすんなり受け入れてくれて、嫌がることなく実行してくれてました。
ただサプリなんかは私が言わないとすぐ飲み忘れちゃうので、口うるさく言ってましたが・・・

そして2回目の人工授精の結果は・・・

続きます。

次の話はこちら



私が愛用中のマスク。
口とマスクの間に空間ができて息苦しくない!
いろいろ試したけどこれが一番!
以下広告↓


ここまで広告↑

コメント

タイトルとURLをコピーしました