不妊治療を受けるまで

不妊治療体験談

私は現在妊娠9か月。

不妊治療をして授かった子です。

妊娠するまでの道のりを少しずつ書いていきたいと思います。

同じ様に不妊治療をしている方の少しでもお役に立てればと思っています。

20歳初の婦人科受診

私が初めて婦人科を受診したのは20歳の時。

理由は生理不順です。

当時、生理が3週間に一回の早いペースでずっと来ていて、単純に生理がすぐ来てしまうのが嫌だったんですよね。
母に相談したら一度婦人科を受診してみたら?と。

当時私は歯科衛生士の専門学生だったんですが、学校に講師で来ていた先生に婦人科の先生がいて、その先生の病院が近かったのでそこを受診しました。

初めての婦人科は普段行く内科や眼科なんかとはやっぱり雰囲気が違いました。
しかも、この婦人科は「不妊治療専門クリニック」だったんですね。
あまりそこは深く考えずに当時は受診してました。

初めての内診はとにかく苦痛で恥ずかしくて

「2度とやりたくない」

と思いました。

結果は「多嚢胞性卵巣症候群」という診断。

しかし先生からは

「まだ若いし、そこまで深く考えなくていいよ。生理不順はピルを飲むことで定期的にすることができるしね。将来子供を望んだ時に少しできにくいかもしれないね」

と軽く言われた記憶しかありません。

この先生が妊娠を望まないのであれば、ピルは飲んだ方がいいという考えの先生で授業でもそう話していました。

言われるがままにピルを処方してもらいました。

ピルを飲み続けた20代

初めてのピルは初日は少し副作用があったものの、二日目からは全く問題なく、生理が予定通りに来ることの便利さに感動しました。

今までは旅行の計画を立てていても、いつ来るか分からない生理に翻弄されていましたが、ピルを飲み始めてから予定も立てやすくないり、万が一生理予定日に大事な予定が入れば事前に病院に行き生理をずらすことも出来たので、当時の私にとっていいこと尽くしでしたね。

特に結婚妊娠の予定もなかったので、20歳から28歳までずっとピルを飲んでいました。

お金はかかりましたが、便利すぎてやめることは考えられなかったです。

もうすぐ結婚!!・・・私子供できにくいんだっけ?

28歳の時に今の旦那と付き合い始め、お互い結婚を意識して付き合いめたので割と早い段階で結婚について話すようになりました。

当時旦那は転職予定でいろいろごたついていて、結婚は早くしたいけど、結婚式や子どもなんかは今すぐには難しいかもという話になりました。

その時ふと思ったんです。

「そういえば、私って子供できにくいんだっけ?」

なんせ8年前に言われたことなので、ほとんど忘れてました笑

病院で言われた病名も忘れていたし、なぜ子供ができにくいと言われたかも忘れていました。

結婚して彼の仕事が落ち着くまで待って、私はその時何歳だ?
子供、ちゃんとできるのかな?

今思うと、この時ちゃんとこうやって思い出せてよかったです。
もっと言うと20歳に時に婦人科に行っていてよかった。

でなければ、この後の私の行動はなかったと思います。

続きます(#^^#)

次の記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました