初めての人工授精 当日

不妊治療体験談

前回の記事はこちら

人工授精当日です。
前日に旦那に採精用カップを渡して病院から聞いた説明を話しておきました。

協力的な旦那

採精を嫌がる旦那さんは多いと聞きますが、私の旦那はそういったことは全くなくかなり協力的でした。
本心は嫌だったかもしれませんが・・・

旦那
旦那

採ったからよろしくね!

という感じで。

病院から冷やしたり温めたりせず、そのまま持ってくるようにと言われていたので、袋に入れてそのまま車で病院へGO!!

精子活性化中は爆睡

病院に着くとまず精子の入ったカップを受付で渡します。
それから精子の調整に一時間ほど待ちます。
この調整というのは、良質な精子を抽出して洗浄、濃縮するということらしいです。
外に出てもいいですよと言われましたが、特に用事もなかったのでそのまま待合室で待つことに。

いつもこの時間が長くて絶対待合室で寝てしまう・・・笑

そして名前を呼ばれるといよいよです!!

精子よ、卵子まで辿り着け!!

内診台に上がると先生登場。

先生
先生

ご主人の精子問題ありませんでしたので~
では始めていきますね~力抜いていてください~

力抜いてと言われてもいつも力入っちゃうんですが・・・”(-“”-)”

違和感はありましたが、痛みはほとんどなくすぐ終わりました。

そのまま5分ほど内診台で安静にし、処置は終了です。

私は人工授精で痛みはあまり感じたことはありませんでしたが、人によっては痛かったという方もいますよね・・・
先生の腕の差なんでしょうか?

ともあれ初の人工授精は無事終了。

2週間後生理が来てしまったら予約をまた取り、生理が来なければ妊娠検査薬を試すように言われて帰宅しました。

今お腹の中では精子と卵子が出会ってくれてるのかな~
なんて考えると、ちょっと嬉しい気持ちでした。

ちなみにこのK病院で人工授精当日にかかる費用は12000円ほどでした。
それまでの通院や注射代を入れても、恐らく全部で2万ほどだと思います。

不妊治療専門クリニックではなく、総合病院だったので少し安かったのかなぁと思います。
安いといっても痛い出費ですけどね・・・

さてさて結果は・・・・?

続きます。

次の記事はこちら



私が愛用中のマスク。
口とマスクの間に空間ができて息苦しくない!
いろいろ試したけどこれが一番!
以下広告↓


ここまで広告↑

コメント

タイトルとURLをコピーしました