【体験談】陣痛の始まりはどんな痛み?お産の進み方を痛みレベル6段階で解説!

陣痛の始まりはどんな痛み?

初めての出産ともなると、不安は尽きないですよね。

陣痛の始まりってどんな痛みなの…?

どんな風に陣痛が進んでいくのか想像がつかない!

こんな不安を持つ妊婦さんは多いのではないでしょうか?

そこで、この記事では私の経験談ではありますが、陣痛を6段階のレベルに分けて解説します。

この記事を見れば、陣痛の始まりはどんな痛みで、どうやってお産が進んでいくのか分かります。

私自身も、最初陣痛が来た時にこれが陣痛かどうか分からなくて、ネットで検索しまくりました。

産院からは「陣痛が10分間隔になったら連絡してください」などと指示がありますが、最初はどれくらいの痛みなのか教えてくれないですよね。

この記事で分かること
  • 陣痛の始まりはどんな痛みなのか
  • 実際の出産体験談
  • 陣痛の進み方、痛みがどう変化していくのか

是非参考にして下さい。

ただ出産は人それぞれという所も多いので、あくまでも私の場合はこうだったという参考程度にしていただければと思います。

スポンサーリンク

陣痛の始まりはどんな痛み?

妊娠

陣痛が始まったら、すぐに強い痛みがあるものなのでしょうか?

まずは一般的な

  • 陣痛の始まり方
  • 陣痛初期の痛みの特徴
  • 病院へ連絡するタイミング

を解説していきます。

陣痛の始まり方

陣痛初期の痛みの感じ方は人それぞれで

  • おなかに強い張りを感じる
  • 下痢のような痛み
  • シクシクした感じ
  • 生理痛のような痛み

など、さまざまな声があります。

痛みの出方も人によってさまざまです。

前区陣痛と違う痛みを覚え、徐々に定期的な痛み(陣痛)に変わってくる場合もあれば、前駆陣痛はなく(あるいは気づかず)定期的な陣痛から痛みを感じ始める場合もあります。

前駆陣痛とは?

子宮の入り口を柔らかくするために子宮が収縮し、痛みを感じることです。

本陣痛との大きな違いは、痛みの感覚が数分~数時間と毎回バラバラという点です。

はるちょん
はるちょん

徐々に痛みが強くなり、子宮口が全開になっていざ分娩という段階でピークを迎えるので、初期の陣痛はまだ耐えられるくらいの痛みのことが多いでしょう。

間隔が不規則で、痛みもそれほど強くなければ前駆陣痛と考え、まだまだ焦る必要はありません。

陣痛初期の痛みの特徴

陣痛とは、簡単に言えば赤ちゃんをお腹の外へと産み出すための子宮の筋肉の収縮運動です。

赤ちゃんの出てくる準備が整ったら母親の意志とは関係なく起こり、陣痛発作(痛みが起こっている状態)と陣痛間欠(痛みがやんでいる状態)を繰り返します。

基本的に、一定の間隔(1時間に6回のペース)で痛みを繰り返すようになったら陣痛が始まったと考えられます。

これが、いわゆるお産の始まりです。

一般的な初期の陣痛の目安

陣痛発作の痛み:微弱
・陣痛発作(痛みが起こっている)の時間:短い(およそ10~20秒)
・陣痛間欠(痛みが治まっている)の時間:長い(およそ10分)

はるちょん
はるちょん

陣痛の進行に伴い、だんだんと痛みは強くなり、痛みがある時間も長くなっていきます。

痛みが止んでいる時間も3分、1~2分と、だんだんと短くなっていきます。

病院へ連絡するタイミング

陣痛の開始から分娩まではまだまだ長い時間を要します。

病院へ連絡するタイミングについては、出産予定の産院から指示が出ているはずです。

産院によって違いがありますが、

  • 初産婦なら10分の陣痛感覚
  • 経産婦なら15分の陣痛感覚

になったら連絡するようとの指示があるので、痛みの起こる間隔に注意しましょう。

治まる時間がない腹痛が続いていたり、お腹が板のように硬直する、胎動の減少などといった症状とともに少量の出血がみられた場合は、出産よりも先に胎盤がはがれてしまう「常位胎盤早期剥離」もまれに疑われます。

この場合、赤ちゃんと妊婦さんの命にかかわる危険な状況となるため、大至急の対応が必要です。

さきに挙げた代表的な症状がみられなくても、いつもと違う症状を感じたり判断に迷う場合は、遠慮せずにかかりつけ医療機関に相談しましょう。

はるちょん
はるちょん

「早く病院へ行って帰されるのが嫌」と思うかもしれませんが、赤ちゃんやママの身体に万が一のことが起こりえるのが『お産』です。

心配であれば病院で診てもらうのが一番です!

陣痛が始まる前におしるしと破水がある?

妊娠

陣痛の前段階として前駆陣痛がありますが、そのほかにも『おしるし』があったり、陣痛前に『破水』が起きたりすることがあります。

ここではおしるしと破水について解説します。

『おしるし』は必ずあるわけではない

陣痛が始まる前に見られる出血を『おしるし』と言います。

おしるしは、子宮壁から卵膜がはがれることで起こります。

赤ちゃんを入れる袋である卵膜は、それまでは子宮壁にくっついているのですが、お産の準備が進んで子宮口が開いてくるとはがれ、その際に少量の出血が見られることがあります。

おしるしは必ずあるわけではなく、おしるしがなく陣痛が始まることもあります

おしるしが見られても必ずしもすぐに陣痛が始まるわけではなく、おしるしから陣痛開始まで数日かかることもあります。

はるちょん
はるちょん

ちなみに私はおしるしは全くありませんでした!

陣痛の前に『破水』する場合もある

破水とは、赤ちゃんの頭と子宮の内圧に押され、卵膜が破れて羊水が出てくることを言います。

破水は子宮口が最大に開いた陣痛のピーク時に起こり、その後出産という流れが一般的ですが、陣痛前や陣痛後の子宮口が十分開く前に破水する場合もあります。

出方はさまざまで、一度に大量に出る場合もあれば、尿漏れのように少しずつ流れる場合もあります。

陣痛前に破水しても赤ちゃんに問題があるわけではないので、焦らないようにしましょう。

はるちょん
はるちょん

多くは24時間以内に陣痛が始まるので、破水だと思ったらすぐに病院に連絡し、入院の準備をして向かいましょう。

破水かどうか判断がつかないときも、かかりつけの産婦人科に相談してください。

【経験談】陣痛の進み方を6段階で解説

ここからは私の実際の陣痛の様子やお産の進み方を6段階で解説してきます。

レベル1 重い生理痛のような痛み

ちょっと重い生理痛レベル

女性なら経験あるであろう痛みで、それゆえにこれが陣痛なのか全く分かりませんでした。
全然我慢できる程度の痛み。

陣痛間隔5分

私は最初から陣痛間隔5分でした。
病院からは5~10分間隔で連絡してといわれていたので電話すると、「前駆陣痛の可能性もある」と言われたので少し様子を見ることに。
私があまりにけろっとしているので、旦那には

旦那
旦那

陣痛じゃないと思うよ、陣痛ってもっと痛いんじゃない?


と言われました。

はるちょん
はるちょん

私だって分からない!

と思いました。笑

レベル2 お腹下したかな?うん痛いな

軽くお腹下したなような痛み

痛たたっと顔をしかめるくらいではあるが、まだ我慢できるくらい。

陣痛間隔5分

段々痛みが強くなっていったにで、あーこれは陣痛だなと思い、もう1度病院へ電話しました。
ここで私は病院へ向かいました。
結果、子宮口4センチで即入院!

レベル3 胃腸炎だ病院へ行こう

これは病院に行った方がいいなレベルの胃腸炎みたいな痛み

痛い間は動けないが、痛みと痛みの間はまだ喋れる元気もある。
ここまでは経験ある程度の痛みです。

陣痛間隔5分

レベル4 きゅ、救急車呼んで・・・!

これはやばい!救急車呼んで!
ってくらいお腹が締め付けられるように痛い。

なんとか息をフーフーと吐いて痛みを逃すが段々体力が奪われていく。
痛みはどんどん強くなるが助産師さんにはいい陣痛きてますよー!と褒められる。
いい陣痛って何!?笑

陣痛間隔4分

レベル5 もうお腹切って下さい

もうこれ限界でしょ!お腹切って下さいレベルの痛み

お尻の方が押されてお尻の穴を押しててもらわないと無理。
次の陣痛がくるのが恐怖・・・

陣痛間隔3分

助産師さんの背中のさすり方とお尻の穴を押す感じ、もう神でした笑
旦那じゃ絶対無理だった・・・
たまに違う助産師さんに変わると違う~!!
ってなって、もうお姉さんどこにも行かないでって感じでした。

レベルMAX 未知の領域へようこそ

この痛みいつまでー!!??

と思っていると
さぁいきんでいきますよ!!と言われ
え?いきんでいいの?
とここからやっとお産へ。

終わりが見えてきたと朦朧とする意識の中、目一杯いきむ。

すぽーん。

おめでとう~~~

産まれました・・・・。

出産で一番痛いのは何か?そして産んで終わりではない・・・

鼻からスイカの言葉のせいか、私もそうだったように多くの方が勘違いしていると思います。

赤ちゃんがお股から出てくるのが痛いのではなく、そこに至るまでの陣痛が辛いんです。

どんどん痛くなるしどこまで痛くなるのかも分からない。
でも痛みが強くならないとお産は進まない。

その迫りくる痛みに必死に耐えるのが辛いのです。

これをみて不安になってしまった方。
大丈夫!
出産には必ず終わりがあります!!
そして終わった先には可愛い可愛い我が子に会えますからね。

そして旦那様達に知って欲しいことはもう一つ。

出産は産んだら終わりではなく、
産んだ後の女性の体は思っている以上にボロボロです。
全身筋肉痛、股の痛み、後陣痛、便秘その他もろもろ・・・・
私は一カ月はまともに椅子に座れませんでした。
その状態で昼夜関係なく数時間おきの授乳が始まるんです。

仕事している方がどんなに楽か・・・・笑

なので是非、出来る事は旦那さんも一緒にやってほしいなと思います。
出産、授乳以外は男性もできますからね!!

今回は私の体験談を書きましたが、決して帝王切開の方を否定しているわけではないので、ご了承下さい。
帝王切開の産後の痛みはこの世の物とは思えないものと聞いております・・・恐ろしい!!

ではまた!



▼私の出産の詳しい話はこちら▼
コロナ渦での出産を赤裸々に書いています!

コロナ渦での出産を正直レポ
コロナ渦での出産をレポ。立ち合い禁止でむしろよかったかも・・・?




私が愛用中の授乳クッション!
妊娠中は抱き枕、産後は授乳クッションとして使える万能アイテムです。
授乳クッションなしで授乳は無理です…



これを毎日塗っていたおかげか、妊娠線ができずに済みました!
安心の国産、無添加。癒されるネロリの香りで幸せなボディケアタイムを!
▼妊娠中や産後のボディケアにオススメのマタニティクリーム▼


コメント

タイトルとURLをコピーしました