結婚できない男性

バーでの小話

今日もバービクトリアでの小話。

ビクトリアには40歳過ぎの独身男性の常連さんがたくさんいました。

知識も豊富で基本お話していて楽しいんですが、何度か

「だからこの人は結婚できないんだな」

と思ったことがあります。

そんなお話。

料理を褒められない男

Aさん(40代前半)はとてもダンディで話も面白く、女性にもジェントルマンでとても素敵な方です。

そんなAさんと手料理についての話になったときのこと。

Aさん
Aさん

俺、嘘つけないからさ、彼女が料理作ってくれてもまずかったらまずいって言っちゃうんだよね

はるちょん
はるちょん

でもまずい料理なんてそうそうなくないですか?

Aさん
Aさん

俺そこそこいいもの食べてきてるからさ、舌が肥えちゃってるんだよね。

マスター
マスター

でもさ、彼女が一生懸命作ってくれたってだけで美味しく感じるよねぇ??

はるちょん
はるちょん

そうそう!そういうものでしょ!?

Aさん
Aさん

いや、まずいものはまずい。それにはっきり言った方が本人のためでしょ?

はるちょん
はるちょん

・・・そんなんじゃ誰も料理してくれなくなるんじゃ?

Aさん
Aさん

そう、正直自分で作った方が美味しいんだよね。でも面倒だから毎回は作りたくない

はるちょん
はるちょん

・・・・・

Aさん
Aさん

昔元カノにチャーハン作って出したら泣きながら美味しいって言ってたよ

その涙、もう一生こいつには料理なんて作るもんかっていう決意の涙だったんじゃ笑

はるちょん
はるちょん

ちなみに今まで彼女が作ってくれた料理で美味しいって思ったものあるの?

Aさん
Aさん

ない(即答)

あ、これ無理だ。

と思いました。

俺が作るから相手に料理の腕は求めてない~とかならまだしも、Aさんの場合は相手に料理の腕を求めているのにこの感じでしたからね。

プロの料理人の奥さんを見つけるしかないですね笑

飲み行くのを止められない男

Bさん(40代後半)はで週5は飲みに行くというお酒大好きな方。
とても気さくでチャーミングなおじさま。

そんなBさんが連日飲みに来ていた日のこと。

マスター
マスター

僕はありがたいんだけど、Bさん最近飲みすぎじゃない?

Bさん
Bさん

ん~楽しいからつい来ちゃうんだよな~

はるちょん
はるちょん

でもBさんももし結婚したら、多少は飲みに行く回数減らしますよね?

Bさん
Bさん

え、なんで?結婚したからってそこ変える必要ある?

はるちょん
はるちょん

え・・・・・

マスター
マスター

いやBさん、そこは変えなきゃ!

Bさん
Bさん

え~~

はるちょん
はるちょん

じゃぁ、例えば奥さんが妊娠してつわりで苦しんでるって時は、さすがに飲みに行くの控えますよね?

Bさん
Bさん

いや、俺がいたところで治るわけじゃないしね

はるちょん
はるちょん

え、じゃぁつわりでゲーゲーしてる奥さんを置いて、一人飲みに行くんですか!?

Bさん
Bさん

まぁ、女性は大変だよな~・・・

はるちょん
はるちょん

・・・・(軽蔑の目)

これは重症だ。

と思いました笑

きっと子育てにもまったく協力しないんでしょうね、こういう考えの方は。

その分頑張って稼いで下さい。

二人の共通点

AさんBさんに共通することは、

相手の気持ちを全く考えていないこと

かなぁと思います。

きっと自分がされたら嫌なことだろうに、自分を正当化して思うがままに行動することで、相手が傷つくということが分からないのかなぁと。

俺はこうしたい。
俺はこう思うんだから仕方ない。

自分自分で結局の所、一言でいうと

自己中心的

ということでしょうか。

結婚するのに必要なこと?

自分が結婚してみて思うのは、結婚って結局他人同士がするものじゃないですか。

  • 生まれ育った環境
  • 親の教育方針
  • 周りの友達

すべてが違う二人が家族になって一緒に暮らしていくって、意見がぶつかることがある方が自然ですよね。

つい自分の意見が正しくて、それ以外の意見はすべて間違っているって思いがちだけど・・・

相手の意見も聞き入れて、お互いにすり合わせて落としどころを見つけていく。

そういう努力は必要だと思います。

だから、そういう努力ができず自分の思いだけで行動する人は結婚に向かないのかもしれませんね。

あくまでこれも私の意見ですけどね( *´艸`)

では、今日ははこの辺で。


私が愛用中のマスク。
口とマスクの間に空間ができて息苦しくない!
いろいろ試したけどこれが一番でした!
以下広告↓


ここまで広告↑

コメント

タイトルとURLをコピーしました